「雇われない生き方」ができるか?

「すまじきものは宮仕えだよ」日本経済が高度成長していた頃のサラリーマンは、居酒屋などでこういって嘆いたものだ。だが、この嘆き節を額面通り受け取る必要はなかった。それは会社に雇われているという安心感の表明でもあったからだ。

その証拠に、嘆いて会社を辞めていく人間は滅多にいなかった。だが、バブル崩壊以後は様相がずいぶん変わった。今、宮仕えを嘆く声は少ない。しかし、一生懸命に宮仕えしたところで、リストラされない保証はない。では、どうしたらいいか。会社にいながら「雇われない生き方」をしてみることだ。そうすれば、リストラに怯えない新しい働き方が見えてくるはず。そんな生き方ができるか疑問に思う人もいるだろうが、その気になれば少しも難しいことではない。

やり方は二つある。一つは会社にいながら、起業家になったつもりで振る舞ってみることである。仕事の中身は今のままでいい。そのような職種、業態で起業したと思って取り組んでみるのだ。たとえば、あなたが営業部の言貝だったとする。今までだったら、一社員として自分に課せられた役割だけをこなせばOKだが、起業となればそうはいかない。営業部全体の発展を頭に入れて、その中で自分自身の仕事をすることになる。

また、自分以外のことで「こうあるべきだ」と思われることは、進んで上司に意見を具申して改めさせる。常に経営的立場から全体を見通した仕事をしなければならない。それでも、自分で経営していると思えば楽しくやれるはずである。「そんなことまで給料のうちに入ってない」などと考えるようではダメだ。実際に将来独立しようと思っている人間は、そういう視点で会社の仕事に取り組んでいる。給料をもらいながら予行演習をしているのだ。

もう一つは、起業家でなくフリーランス(個人事業家)として振る舞ってみることだ。会社がフリーランスに頼るのは助っ人が必要なときである。ある業務部分が弱体だが諸々の事情から正社員を増やすのはちょっと、などというとき、弱い部分だけを補おうとする。そういう立場に自分を置いてみるのだ。

この場合は役割がはっきりしている。営業であれば「売り上げをここまで伸ばしたい」といった具体的な目標がある。そういう仮説を立てて、自分が助っ人になったつもりで働いてみるのだ。この場合は全体を見る必要はなく、ただひたすら自分の職分の仕事で実績を上げればいい。

起業家もフリーランスも、会社に雇われない生き方をしている人たちだ。会社にいながらそれをやるのはバーチャル(仮想的)でしかないが、リアリティをもって臨めば、本物と変わらない気持ちになれるし、楽しさとやる気が出てくる。

人間には不思議な習性があって、他人から「やりなさい」といわれてすることは、あまり気が進まない。やっても楽しくない。だが、自分から「やろう」と思って始めると、同じことでも意気込みが違ってきて楽しくなる。バーチャル起業家になるメリットはここにある。

また、人は誰かから期待されてすることには自ずと力が入る。「君だけが頼りだ」といわれれば、つらいことでもがんばれる。バーチャルでフリーランスになるメリットは、自己の活性化にも大いに役立つのだ。何より仕事が面白くなる。しかし、そうはいっても「雇われている身」という基本は変わらない。そのことを考えると、いくらがんばっても給料や出世といった見返りがなければ「徒労だよ」という話になりかねない。最大の問題はここにあるといっていいだろう。

だが、決して徒労になんかならない。第一にそれだけ社内で積極的に振る舞える人間になれば、リストラ対象からは外れるに決まっている。会社はいつの時代も役に立つ人材は残そうとするからだ。しかし、中にはボンクラ経営者もいないわけではないから、一人社内でがんばっても結果は「徒労」ということも全然ないとはいえない。だが、今の時代の急激な変化を考えれば、それでも会社にいて「雇われない生き方」を試してみることは、将来の自分にとって計り知れないメリットを生むのではないか。

なぜなら近い将来、日本の雇用形態は「会社に雇われない生き方」の人が主流を占めるようになるからだ。アメリカでは雇われない生き方を「フリーエージェント」と呼んでいる。この言葉の名付け親になったアメリカのジャーナリスト、ダニエル・ピンクによれば、フリーエージェントは起業家、フリーランス、臨時社員の三種類に分かれる。

日本でも若い起業家が増え、派遣による臨時社員も急増している。フリーランスはそう多くないが、すでに日本もフリーエージェント社会に突入している。正社員でも、いつリストラされるか、いつ会社が倒産するかわからない現実を考えれば、会社にいながらフリーエージェントの予行演習ができるチャンスを逸するのは「もったいない」ことではないだろうか。

独立開業の方法

独立開業Q&A|独立開業成功への道

— posted by Lui at 12:23 am  

何でも「面白いな」と思える人が勝つ

終身雇用、年功序列がきちんと機能していた時代は、そこそこの会社に一度就職しさえすれば、あとは企業内でどう生き残るかを考えるだけでよかった。ところが今は、一流企業のサラリーマンもリストラの不安に怯える時代である。何を頼りにしたらいいか、多くのサラリーマンは戸惑っている。

その戸惑いの最大のものは「会社とどう向き合うか」ということであろう。中には新しい資格を取って転職に備える人間もいる。また、上司との関係を上手く保って、リストラの心配を払拭しようと努力する人もいる。しかし、現実問題として資格の取得も人間関係も「絶対」ではないから、不安はますます増大し、鬱になったり自殺したりする。

近年、中高年の自殺が増えているのは、サラリーマンの生きがい喪失の不安が大きいからだと思う。だが、不安や心配を無くそうとするのはやめたほうがいい。なぜなら無くならないからだ。「先行き不安」などというが、将来とか先行きは、いつだって不安なのだ。

高度成長期のサラリーマンは、今と比べれば不安が少無かったかもしれない。だが、あのような時代はもう戻ってこない。「皆が安心できる企業社会は、60年代から80年代へかけて日本がもっていた特異な形態だった」(山岸俊男北海道大学教授)からである。あらゆることでグローバル化が進んでいる日本の現状を見れば、これから先の日本がどうなるかは、むしろ欧米の社会を見たほうがよい。

好むと好まざるとにかかわらず、日本社会も国際標準に近づいていかざるを得ない。地球がこれだけ狭くなった今、それ以外の選択肢はないのだ。欧米事情に詳しい評論家の竹村健一さんは「日本の常識は世界の非常識」が口癖だが、この言葉の意味を正しく受けとめている人は意外に少ないようだ。

竹村さんが言っていることを裏返せば、「世界の常識は日本の非常識」ということになる。つまり、われわれが常識と疑わないことは世界ではあくまで特異なのである。たとえば「定年後をどう生きるか」は、日本では結構重い問題として扱われている。仕事を生きがいにしてきたサラリーマンから、仕事を取り上げてしまうのが日本の定年制と考えられているからだ。

生きがいを失った定年者は、この先どう生きればいいのか戸惑いを覚える。定年後の生き方は、日本ではマイナスの問題として論じられることが多い。だが、欧米では話か逆になる。定年をみんなが楽しみに待っているのだ。殆どの人が若い頃から定年を待ち望み、第二の人生の計画を立て、周到に準備し、定年後は残された人生を満喫する。およそ日本では考えられない光景である。

2007年から団塊の世代が定年を迎えているが、これに関連して、今いわれていることは「定年の延長」「熟年離婚」「年金暮らし」「技術の継承」とお固い話題ばかり。「待ってました、定年!」といった明るい話はあまり聞こえてこない。それどころか働き盛りのサラリーマン層までも、団塊の世代につられるように先行きに不安を抱いていて元気がない。どんな時代でも、どんな社会であっても、先行きへの不安は伴うものだが、この不安とどう付き合って行くかが問題なのだ。

この点について、先の山岸俊男さんはこういっている。「これからの時代は、聡たる不安と上手く付き合えるかどうかが重要で、どんな仕事で収入を得て、どう生きていくのか、一人ひとりが考えなければならない。それを面白いと思える人は勝ち、気弱になる人は負けの時代ともいえる」この意見に私も賛成する。

どんな人生も山あり谷ありで、いいことばかりではないが、どんな境遇にあってもヘコむのではなく、何でも面白がれる体質で臨むこと。それが難関を乗り切り、明るい未来を築く基本的な条件ということだ。

嫌いな仕事を好きになろう。仕事を楽しむためのコツ6ヶ条 - AsLinkWork

仕事・仕事術の名言 厳選集 - 名言DB

— posted by Lui at 10:34 pm  

「滅私奉公」は会社にとって迷惑

端から見ていて「よくあんなつまらないことをコツコツ飽きずにやってられるなぁ」と感心させられる人がいる。だが、そういう人は、決して「つまらない」と思いながらやっているわけではない。人間は自分が心底「イヤだな」と思うことは決してやらない。無理にやらされたとしても継続できない。率先してやっている人、ずっとそのことに取り組める人は、必ず何か楽しみを見出しているものなのだ。

外食チェーンのオーナー経営者から、以下のような話を聞いたことがある。彼は地方の高校を卒業するとすぐに上京、有名レストランに住み込んでコック修業を始めた。だが、来る日も来る日も皿洗いばかり。そんな状態が半年も続いた。同期で入った仲間は、この時点で大半が辞めていった。残った連中も「いつになったら料理をやらせてもらえるのか」とブツブツ文句をいいながら働いていた。嬉々として皿洗いに精を出していたのは彼一人だったという。

普通、こういうケースで彼のようなタイプは、まじめな勤務ぶりが買われ、大抜擢されるといった展開になるものだが、このレストランはそんなに甘くなかった。黙っていても外国で修業したセミプロ級が雇われたがるような店だったから、経験ゼロの皿洗いを一人前のコックに育てる気など、はじめからなかったのである。

彼は結局、皿洗いを1年半、その後は別の下働きを1年半やらされて辞めた。都合3年間勤めて半人前の料理人にもなれなかった。その後、彼はどうしたか。貯めたお金で小さな洋食屋を開業した。これが当たって店を次々と増やしていき、今では60数店舗のレストランチェーンを統括する経営者なのだ。

「最初は私も皿洗いがイヤでした。でも、すぐ気づいたんです。仕事だと思うからイヤなんだと。それで親戚の叔父さんとか、ごく親しい人から頼まれて手伝っていると思うことにしました。そんなふうに頭を切り替えたら、少しもイヤじゃなくなった。飯は食わせてくれるし、お小遣いももらえるし・・・」

彼は皿洗いをしているとき「10分間で何枚洗えるか」といったゲーム感覚をいっぱい取り入れていたという。また、別の下働きに移ったときは、「せっかくレストランにいるのだから・・・」とシステムをつぶさに観察して日記風に記録していった。料理の腕こそ磨けなかったが、レストラン経営のツボを会得した点で、3年間の下働きは決して無駄にならなかったのだ。私はこれを彼の遊び心のおかげと見る。

「仕事と遊びをちゃんと分けろ」という人がよくいるが、遊び心は仕事にも必要なことなのだ。特に好きになれない仕事、単調な仕事をするときは、楽しめるように工夫する遊び心をもつといい。ストで電車が止まると、線路を歩いてでも会社に出社する。病気になると這いずってでも会社へ行こうとする。かつてサラリーマンはこういう勤勉ぶりで、会社への忠誠心を表し、会社もそれを「よし」とした。

滅私奉公的な態度が評価されていたのだ。この考え方の背景には「会社のためになることは自分のためにもなる」という労使の暗黙の了解があった。終身雇用と年功序列が機能していた時代は、それでよかった。だが、リストラが当たり前の現在は、この考え方はもう通用しない。いくら滅私奉公したってリストラされるときはされるのだ。

そうなってから恨みがましいことをいっても始まらない。むしろ、今、滅私奉公的な考えの人間を会社は迷惑に思うだろう。なぜなら、そういう人間に限って会社に頼り切り、自分から進んで局面を切り開こうとしないからだ。これからは滅私奉公の考えは捨てて、自分のために会社を伸ばすことを考えよう。その余地がないような会社なら、こっちから三行半を突きつけてやればいい。

起業してほぼ確実に成功する方法|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10500476221.html

成功の秘訣・・・・・・ 成功している人と普通の人の違いは?
http://www.1smss.com/Success.htm

— posted by Lui at 12:13 am  

真面目だけではダメ!遊び心を大切にする

遊び上手な人間は仕事もできる!昔からこういわれてきたが、その傾向は最近ますます強まっている。これからの時代、少なくとも「遊び心」のない人間は、仕事も中途半端にしかできないだろう。まじめ一方だけではもうダメ。まじめは罪悪でさえある。

なぜか。成熟期を迎え世の中が豊かになって、仕事の質が変わってきたからだ。以前は、単純作業でも人がやらなければならない仕事がたくさんあった。そういう仕事は概して難しくないが、まじめにコツコツやる必要があった。今、その種の仕事は機械や道具、コンピュータがやってくれる。わざわざ人間がする必要はない。人間がする仕事は着想、決断、創意工夫など、馬力型から脳力型へ移行している。それに適応できないと、評価してもらえないのである。

また、脳の研究から「まじめな努力」がもたらす仕事の成果は、平均レベルを出ないこともわかってきた。人に抜きん出た成果を上げるためには、今までと別の手立てを考えなければならないのだ。さらに、勤勉やまじめさを企業がことさら望まなくなったこともある。「ふまじめでいい」というわけでは決してないが、まじめさの優先順位は大きく後退している。たとえば分析機器トップメーカーの堀場製作所がそうだ。

同社の社是は「おもしろおかしく」という一風変わったものだ。この社是を作った創業者の堀場雅夫さん(現最高顧問)は、その理由をおおよそ次のように述べている。

「企業はおもしろおかしい体質をもっていなければいけない。個人の側から見れば、会社がおもしろおかしくなかったら、そんなところにいる意味はない。そうかといって、はじめから企業におもしろおかしいところがあるかというと、そうはいかない。だからみんな寄ってたかって、おもしろおかしい職場にしていこうではないか、ということだ」

今はこういう時代なのである。「私はまじめだけが取り柄です」などといっている場合ではないことが、これでおわかりだろう。そんなことをいっていると落ちこぼれかねない。「遊び心が大切」というのは、そういう意味である。

しかし、急にそういわれたって困る人たちもいるだろう。まじめ一筋で成果を上げてきた人ほど、そうだと思う。そういう人にぜひ知っていただきたいことがある。それは「フロー状態」ということについてである。フロー(FLOW)とは「流れ」のことだ。シカゴ大学の心理学者たちが「人間の能力発揮と心の関係」について研究した結果、明らかになったのがフロー理論。

この理論をごくかいつまんで説明するとこうなる。人は誰でも一日に何回かフロー状態になる。フロー状態とは、ボーッとしていたり、煙草をくゆらせたり、ぼんやりテレビを観たり、ぶらぶら散歩をしたり、一般的にいえばくつろいでいるようなときである。

この状態が、実は人間にとって「貴重なひととき」なのである。というのは、個人の意識と外部環境との境界が曖昧になって、時間の流れに身を任せた状態になるからだ。こうした「フロー状態」で仕事をするとどうなるか。フロー理論の第一人者チクセントミハイはこう語っている。

「外科医は最難関手術を寸分の狂いもなくこなし、走り幅跳びの選手は驚異的な世界記録を打ち立てる。テニスプレイヤーはボールが2倍の大きさに見え、ロッククライマーは登っている岸壁と一体化し、次にどこに取りつけばいいか本能的にわかるようになる」

つまり、フロー状態では誰もが「向かうところ敵なし」のすごい能力を発揮できるということだ。北京オリンピックでフェンシングの太田雄貴選手が銀メダルを手にしたのも、実力はもちろんだが、彼が準決勝までただ無心で試合に集中してフロー状態で闘っていたからだろう。

そこで「どうしたらフロー状態にもっていけるか」を、今多くの研究者が追究中だが、その過程で見えてきたのが「遊び心」なのである。幼児は毎日屈託なく、好き嫌いや快不快、あるいは好奇心の赴くところに従って行動している。そういうときの幼児の脳波を測定してみると、フロー状態特有の数値を示す。幼児が大人の何倍ものスピードで、いろいろな能力や知識を身につけていけるのは、フロー状態のおかげであると考えられるのである。

したがって、大人もフロー状態のままで仕事に没頭できれば、今の何倍、何十倍の能力が発揮できて不思議ではない。事実、過去に偉大な業績を上げたような人物は、幼児がもつような遊び心の持ち主だったことが確かめられている。幼児の遊びの特徴は何かというと、欲得も打算も確固とした目的もなく、興味と快感原則に沿って没頭する点にある。とにかく夢中になっている。大人がフロー状態になるポイントも、このような遊び心をもつことにあると考えられるのだ。

つまり、フロー理論が教える最良の選択肢は「遊び心をもつこと」といっていい。「遊び心」は「ゆとり心」でもある。このことは「遊びの上手な人間は仕事もできる」という私たちの経験値とも見事に合致している。まじめさは否定されるものではないが、いつまでもそこにとどまっていてはダメ。仕事でよい成績を上げたいなら、もっと遊び心をもったほうがいい。

— posted by Lui at 11:33 pm